Catalyst Kokoビジネスコミュニケーション & キャリアカウンセリング

Blog

仕事帰りドラムサークル in 小田原

2019.06.20

仕事帰りドラムサークル in 小田原

ストレスをためがちな働く人たちに、仕事帰りにちょっとタイコやリズムで楽しんでもらいたい。
または、新しい人と出会ってつながりたい。そんな思いから、小田原駅そばのレンタルスタジオを借りてドラムサークルを開催しました。

ドラムサークルとは、輪(サークル)になって手でタイコを叩きます。
タイコだけでなく、振ると音がでる小楽器のシェイカーやブームワッカーと言う筒状のものも使います。
5つの異なる音が出るものです。ハンドベルのように、音を重ねてアンサンブルも楽しめます。

目的を持って実施するトレーニングビート®のような企業向け研修のドラムサークルとは違い、コミュニティのためのものです。

一緒にファシリテーターをしてくれたお友達のけいちゃんは、音楽療法士。
日ごろはピアノ教師をしているほかに、高齢者施設などでも音楽やリズムを使ってシニアの方々に素敵な時間を提供しています。